炭水化物を減らすダイエット法

日本人は外国人の大柄な方から見ると「なぜダイエットをするのか?」と思われそうですが、実際のところ、ダイエットをしている人は多いように思えます。私は今はスリムですが、一時期はダイエットをしたことがある女性です。今日は私がどのようにダイエットをしたかお話したいと思います。

私が試みたダイエットは炭水化物を減らすダイエット法です。しかし、これは注意が必要で、まったく米、小麦類、イモ類などを取らないような極端なダイエットではなく、1日のうち、1回だけは普通の量の炭水化物をとり、残り2回のみ通常の半分の量の炭水化物を摂るようにしました。炭水化物というのは動けば消費されるものだと聞いていたことと、脳への栄養を与える成分を含んでいるということを考慮した結果、まったく抜いてしまうのはかなり問題ではないかと思ったからです。

この炭水化物を減らすダイエット法をしたとき、同時並行でウォーキングも週に3回だけですが始めました。相乗効果を図るためですが、このウォーキングはあくまでもおまけのような感じです。1回あたり30分ほどの軽いウォーキングでしたから気分転換するつもりで始めました。

1ヶ月もしないうちに、予定していた体重まで減量し、この炭水化物ダイエットが成功したと実感することができました。そして今なお、炭水化物ダイエットは続けていますが、目標達成まで辿り着いたので現在は少し炭水化物の量を増やしつつ、運動量をその代わりに増やすことにしました。なぜこれをしたかというと、炭水化物を単に減らすだけだと、やはり腹持ちがあまりよくないと感じたのと、筋肉量が減ったように感じたからです。

今はこのスタイルが私の身体には合っているようで、友達からも綺麗な体型してるね、と褒めてもらえることもあるくらいです。

一番健康的に痩せられたのはカロリー計算をすること

私は20代の頃にいろいろなダイエットを試してきました。
その中で失敗と成功を経験し、一番健康的に痩せられたのは「カロリー計算」をすることでした。

ダイエット=食事制限と思いこんでいた私は、ただ食べる量を減らして運動をするということをしていた時期があります。
その結果、確かに痩せたのですが無理な食事制限のせいで、骨密度がスカスカになってしまっていたのです。
それは通っていたスポーツジムで、無料で骨密度を測定するという機会に恵まれて、偶然分かったことでした。
単に食べなければいいというわけではないと身を持って体験したのです。

それからはきちんと食事を採るように心がけ、摂取した分のカロリーを大体把握して、そのカロリー以上を消費することを実践しました。
カロリー計算といってもそんな面倒なものではなく、食べた物をノートに書きだしていきます。
最近はカロリー表記されている食品も多いですし、分からなかったらネット等で調べるとすぐに出てくるので案外簡単ですよ。
また、このとき私は食べたいものを食べるようにしていたのです。
バランスのいい食事は理想的ですが、無理をしてダイエットが続かなかったら意味がないと思ったからです。

こうしてノートで書き出していくと、不思議なもので「こんなに食べてるんだ」と気付き、間食をしなくなりました。
そしてスポーツジムで摂取したカロリー以上の消費を目指して体を動かし、その生活を半年ほど送ったら2キロ減っていたのです。
前のように食事を減らしていないのに痩せられたということに自信がつきましたし、カロリーを見ることがクセになり、今でも摂取カロリーを気にしながら生活をしています。

痩せたいという願いがダイエットを成功に導く

ダイエットに関して、私は何回もダイエットするたびにリバウンドしてきた。炭水化物ダイエット、チョコレートダイエット、水ダイエット、・・・いろいろ試してきたが、そもそも論でダイエットに一番必要なのは「絶対やせるんだ!」という強い意志なのではないかと思います。どんなダイエットも意思なしには誘惑に負けてしまうからです。おなかが減って、ついつい大好きな、大好物の物を食べてしまう、友人から差し入れを頂いて、断るのも悪いとついつい食べてしまう・・・ダイエットの大敵は己に対する甘えであり、ダイエットに一番必要な事は食事制限、運動の前に強い確固たる信念なのではないかと思います。私は何回もリバウンドを繰り返してきましたが、今は標準体重と言える程度まで落ちてきています。そうなれたのは強烈に悔しい体験をして、「見てろ、絶対に痩せてやる!!」と鉄の意志をもってダイエットに当たったことがデカいように思います。どんなにいいダイエットをしていても、誘惑されて食べてしまえば元の木阿弥だからです。特にお祝いの席や招かれた場合などには食べきれない量の食事を出されてしまうことがあります。また、その出された食事を残すのは悪い、と言った念も働いてたくさん食べてしまいがちです。
ダイエットを邪魔する物は世の中にたくさんあり、それらを排除していく強い意志が必要です。ですから私はダイエットには方法を選択する前にマインドセットが重要である、と考えます。私は他人に悪口を言われて「何を!」と思いましたが、太ることにより健康を害したり、さまざまな面で損をすることをまず理解すれば、「痩せたい!」と強く願うようになり、その願いがダイエットを成功に導くのだと思っています。

置き換えダイエットは難しい

これまで色々なダイエットを試してきました。その多くが残念ながら失敗に終わってしまいました。その失敗の中でも置き換えダイエットはなかなか難しいダイエット法だなあと思いました。
当時とても流行っていて、試しにドラッグストアで購入してみました。買ったものは、ジュースのようなものを普段の食事の代わりに飲み続けるというものでした。これならばお手軽ですし、なんとか我慢すれば大丈夫なんじゃないかと思ってチャレンジしたところ、すぐに無理だと思いました。味はとても甘くてそれはそれで満足出来てよかったのですが・・・。
というのも、一回で飲むジュースの量がかなり少ないのです。お腹にたまる、というようなコピーもありましたが全然無理でした。よく考えれば量がそもそも少ないので、お腹にたまるはずはありません。そこで普段の食事をすぐに摂ってしまい、結局元に戻ってしまいました。もう少しボリュームのある置き換えダイエットならばよかったのかもしれませんが、それ以来そのようなダイエット法は試していません。わざわざ購入してまでやる価値はないと思っています。
置き換えるよりも、考えると普段の食生活を見直した方が経済的にも負担がかからずいいかもしれません。やはり栄養の面も気になるので、最近流行っている低カロリーのお弁当を購入して一日に一回食べるという事もありかもしれません。野菜や魚などバランスのとれた食材を摂ることも実際やってみると続けるのは大変だったりしますが、そのような食事をした方がダイエットにも健康的にも効果的な気がします。